トップページ

極東証券株式会社は、東京中央区日本橋に本社を構える証券会社。

社長は菊池一広氏が務めており、店舗は、大手センタービル、霞が関ビル、新宿、新小岩、蒲田、平塚、名古屋、大阪と本社を含め9つ展開している。
また、子会社には極東プロパティ株式会社(連結)、株式会社FEインベスト(連結)、株式会社極東証券経済研究所(非連結)がある。

極東証券株式会社

会社概要

社名:極東証券株式会社(東証1部:8706)
設立:1947年3月(昭和22年)
資本金:52億5,168万円
従業員数:256名(連結)
事業内容:
・ディーリング業務
・ブローカー業務
・アンダーライティング業務
・セリング業務 その他
所在地:〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町1-4-7
電話:03-3667-9171(代表)
代表取締役会長 菊池廣之
代表取締役社長 菊池一広

特徴

菊池一広氏が代表を務める極東証券株式会社のビジネスモデルの基本は「Face to Faceのコンサルティング」であるということ。多彩な特色ある旬の商品を提供し、親切丁寧なコンサルティングを心がけている。極東証券株式会社では、顧客との信頼は直接の対話を通じて実現するものと考え、共有できる時間の積み重ねを大切にしている。それにより、潜在的な顧客ニーズをくみ取り、一人ひとりの運用成果の向上に寄与し続けてきたことで、会社としても急成長を遂げた。

また、株式市況の低迷時でも安定した収益を確保することが可能な多様化された収益構成は、極東証券株式会社のつよみの一つでもある。
証券・受益証券・そのほかからなる受入手数料や、外国債券販売が中心であるトレーディング損益、そして主に金融収益とその他の営業収入からなる収益で収益源が分散しているため、受入手数料だけに依存せず、バランスのとれた収益構造を可能とした。

社長 菊池一広

1968年に東京都で生まれた菊池一広氏。
慶応義塾大学経済学部を卒業したのち、1990年に野村証券に入社、9年後に極東証券株式会社へ入社。大学を卒業してから一貫して証券業界に携わっている。
菊池一広氏は入社後すぐに代表取締役副社長に就任し、その2年後には代表取締役社長に昇格した。
また、企業メセナという、企業が主として資金を提供し文化や芸術活動を支援している活動にも積極的で、2000年より菊池一広氏の母校である慶応義塾大学に極東証券寄附公開講座を設けており質の高い講義を提供している。

慶應義塾大学極東証券寄附公開講座について

企業メセナ。青少年の健全な育成を社会貢献の一環として、2000年より慶應義塾大学にて極東証券寄附公開講座を開講している。
毎年著名な講師をお招きすることで、充実した講義を行うことができ多くの塾生、地域住民の方々が参加している。

極東証券株式会社 リンク

極東証券株式会社 http://www.kyokuto-sec.co.jp/

  • 最終更新:2020-07-30 09:05:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード